病院のお仕事

病院のお仕事

病院へお見舞いに行く時の服装

病院へお見舞いに行く際の服装は非常に気を使います。見舞う相手だけではなく、そのご家族や同室の患者さんなどにも不快感を与えないような服装をすることが大切です。病院へお見舞いに行く時はなるべく明るめの服にします。かといって、派手な柄モノは避けて、ベージュやパステルカラーの服が好ましいです。気分が暗くなってしまうので、黒などは着ないようにしてください。デザインとしては露出が少なく、常識的なものを着るようにしてください。また、靴にも意識をきちんと持っている必要があり、ヒールの高い靴はかかとの音が院内に響いてしまうので、良くありません。服に合ったものがベストですが、ピンヒールなどは避けてください。女性の場合はメイクもナチュラルなものにすると印象が良いです。基本的にお見舞いというのは、相手を見舞う気持ちが大前提で必要なので、どのような服を着たら相手がどう思うか、という部分を考えながら選ぶことが重要なポイントです。

病院での服装について

病院で診察を受ける時など、特に服装などに関して指定はありませんがきちんとした清潔な身なりにしたほうがいいでしょう。病院内では、さまざまな患者さんがいます。風邪だけでなく、腹痛やもっと重病な方もいるでしょう。また、交通事故などで、負傷し骨折や打ち身、切り傷などで入院されている方もいるはずです。
そのような患者がいる中で、不衛生な服装で病院内で行動すると、それが原因で病状やケガが悪化してしまう可能性もあります。

また、派手な服装も控えたほうがいいでしょう。派手な格好をしてしまうと、病院内にいる人々に精神的に影響を与えてしまう可能性もあります。
服装は自分のスタイルだから、周りから指摘されるものではないかもしれませんが、常識ある格好をするのが大切です。
地味でも清潔感のある格好をして、周りの人々にあまり影響のでないスタイルを心がけましょう。
これは医療系の施設だけでなく、他の公共の場や人々が大勢集まる場所でもいえることです。

pickup

Last update:2017/4/13