病院のお仕事

病院のお仕事

病院の医療事務の仕事内容

病院の医療事務の仕事は主に窓口業務、カルテ作成、月末に行うレセプト業務、そして会計業務を行います。窓口業務では患者から診察券と健康保険証を提示してもらい初診か再診かを確認します。初診の場合はコンピューターに氏名や生年月日、保険証の記号番号などの患者情報を入力してカルテの作成を行います。再診の場合は保険証を確認して保険証の変更や有効期限が切れていないかを確認します。そして、診察が終わった患者の診察内容に沿って必要な加算をして会計を行います。病院の医療事務の仕事で重要なのでレセプト業務です。レセプトは患者が受けた診察を各医療機関が保険者に請求する医療明細です。月末にその月に来院した患者全員のレセプトを出して各種保険者に請求できるようにまとめて行く業務になります。窓口業務やカルテ作成、会計の合間に電話対応等の業務も加わってくるため、病院の医療事務の仕事は慣れるまではとてもハードな仕事と言えるでしょう。

病院事務の仕事内容

病院事務の主な仕事は、以下のとおりです。
一つ目は、「総合案内」。
厳密には事務ではありませんが、大きな病院ではたいていこの役目を行う人を置いています。
どの科目に行けばよいかなどを教えてくれます。
引退した看護師が行っていることもあります。
二つ目は、「窓口業務」。
受付・カルテ作成・会計などを行います。
迅速さと丁寧さが求められますし、個人情報も取り扱うので気を遣う仕事です。
また、たいていはレセプトも受け持ちます。
三つ目は、「各科受付」。

それぞれの診療科の前にある受付で、患者の呼び出しや書類の処理などを受け持ちます。
医事だけでなく、医師や看護師と密に連絡をとらなければならない仕事でもあります。
四つ目は、「入院業務」。
入院患者の費用計算などを行います。
ただし、直接患者と接することは少ないので、黙々と仕事をこなす人に向いているポジションです。
五つ目は、「総務」。
普通の企業と同じく、職員の福利厚生に関する雑務を行います。

Favorite

胡蝶蘭の通販
http://kotyou-shop.net/

2017/4/13 更新